足場材

足場材がようやく組まれていました

足場材がようやく組まれていました

いまだに、地震で壊れた家の修理が続いています。
震災はもう3年も前の話ではありますが、今もまだ工事は所々で行われています。
一時期は資材不足や人材不足のために工事がストップしたり、
工事を頼んでも数ヶ月待ちといった状態だったこともありましたが、
今は当時よりは落ち着いてきているようですね。

 

私がずっと気になっていたのは、いつも通勤帰宅の時に見かける家ですが、
そんなに近所でもないので誰が住んでいるのかすらまったく知らないんです。
そこは瓦屋根のお宅なんですが、地震で屋根瓦が落ちたようで、
ずっとまだブルーシートを張ったままだったんです。
聞くところによれば、ちょっと珍しい瓦の場合は調達に時間がかかる、
と以前聞いたことがあったので、そのパターンなのかな、と思っていました。
すると今日そのお宅を通りかかった時、なんと家のまわりに足場材が組まれていました。
この3年間には台風が何回も来たり季節はずれの暴風なんてこともありましたし、
雪がかなり降った時もあったのに、大丈夫なのかな?って心配していたんです。
足場材が組まれたということは、工事に着手するということですよね。
約3年がかりでようやくあのお宅の屋根の修理がはじまるのか、と
人ごとながらなんだかホッとしました。


ホーム RSS購読 サイトマップ